2011年08月23日

[子育て情報] 森のようちえん全国交流フォーラムin 新潟

今さっき、たまたま検索してみたら
「第7回 森のようちえん全国交流フォーラム in 新潟」の
参加者募集が始まっていることに気がつきました!!

http://moriyouniigata.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

フォーラムの参加者同士でも話す機会があったり、
森の子育てに既に関わっているような熱い参加者も混じっているし、
全国各地の実戦経験豊富な講師がたくさん集結するので、
どれもこれも出席したい講義ばかりだけど、
あちこちの教室で同時並行で講義やワークショップが
開催されるので、カラダ一つでは
せっかく参加しても全体の5分の1以下くらいしか
聞きかじりできない・・・・

4~5人くらいのグループで参加して、
いろんな講義を分担して聞けたらいいのになあ、
とプログラムを見ていて思うのですが、
新潟まで行って結構高い参加費も払って
2泊もするとなると、なかなか仲間が見つからない・・・

誰か一緒に行きませんかぁ~?

10月末なので、自分の方も稲刈りの真っ最中のはず!
抜け出せるかどうか危うい感じもするけど、
なんか、プログラムで講師の顔ぶれを眺めていたら、
2年前の愛知のフォーラムの熱気を思い出して
一人で勝手にテンションが上がってきました!!

  

Posted by やまち畑 at 22:55Comments(1)その他

2011年08月19日

炎天下、雑草抜くこと1カ月・・・

7月の後半からお盆くらいまで、
本当に暑かった~

その暑さの中で、なんと1カ月もの間、
平日のほぼ毎日!!
田んぼの雑草を延々と抜き続けた私!!
午前中3時間、午後3時間 というスケジュールで!!
猛暑の中で!! 
腰をかがめて!! 
ほぼ毎日!!


甲子園を沸かせている高校球児たちでさえ
1日の間に2試合分もの時間を、
内野ゴロを捕る時みたいな
低~い中腰の姿勢で
グランドに立ち続けるなんてことは
できないだろうなあ

暑さへの抵抗力 だいぶついた
普通に生活するには全然必要ない能力だけど。

それにしても無農薬の田んぼには
とても個性的な姿をした雑草たちが
7月過ぎた頃からガンガン勢力を
伸ばしてくるのですね。

7月の後半は、クログワイという雑草を相手に
果てしのない戦いを繰り広げました。

クログワイは芋の仲間で、見た目は細ネギのよう。
多いところではイネの倍以上の株数が茂っていました。

午前中に3時間、午後に3時間 といった時間割で 
2人でクログワイを一心不乱に抜き続けても
40~50列くらいイネを植えてある田んぼのうち
8列くらいをキレイにするのがやっとという状態。
猛暑日ともなれば、2人がかりでも丸一日かかって
6列分くらいしか終わらない・・・みたいなペース。
来年は絶対にやらないだろうな、この作業は。

生育旺盛で、ちょっとでも取り残したのがあったら
翌年はガツンと数を増やしそうなやっかいな雑草、クログワイ。
結局全部は取りきれず、心を残したまま
タイムリミットとなる中干しを迎えました。

8月5日の中干し以降、もう土が固まってしまって
クログワイは根っこからは引っこ抜けません。
地上部だけむしり取っても芋の本体は地下で生きているので
また葉っぱがずんずん伸びてくるのです・・・あきらめよう
「来年こそは代掻きでクログワイをやっつけよう」と
固く心に誓って。


8月10日頃からは、また別の雑草との戦いに突入。
そいつは、秋までにたくさんの黒っぽい色のタネをつけて
コンバインで稲刈りするときに
そいつのタネが米に混入してしまうと、
なかなか取り除くのが難しい。
クサネムというマメの仲間なんだそうです。
こいつもタネの数がめちゃくちゃ多いので
なんとかタネが田んぼに落ちる前に
全部引っこ抜いておきたいところ。
これがまた延々と一週間以上かかり
一応目立つところは全部抜くことができました。
後から遅れて伸びてきそうなクサネムもいるので
稲刈りまで気は抜けない・・・

で、今日からの標的は、ヒエ



ヒエ引きの模様は、また後日。

あ、ちなみに 
「森のようちえん」で
こういう作業を子どもにも体験させたい
なんて思っていません、念のため。
  

Posted by やまち畑 at 22:21Comments(0)田んぼ

2011年08月12日

やられたぁ!

昨日の朝8時半頃、
久しぶりに、かつらぎ自然学校の池の周りのササを
草刈り機で刈っていたところ・・・

いきなり右手の甲に何かがすごい勢いで体当たり!
大泣き痛いっ!!

何が起きたか一瞬にして理解し、あわてて身を低くして
自分を攻撃してきたやつらを刺激しないように
そろりそろりと避難。

避難しながら後ろを振り返ると・・・
やっぱりあった、直径6センチくらいのハチの巣
ササの茎にぶらさがっていました(写真を撮る余裕なし)

ハチの姿は確認できず、
何て名前のハチに刺されたのかよく分からないけど
刺された日の夜は、大きな蚊に刺された程度の腫れで
大したことなくてよかったニコニコ
と安心。

ところが翌朝、目覚めてみると
刺された場所を中心に、手の甲が風船みたいに
パンパンに腫れて熱くなっている。

で、なんか知らんけど、めっちゃかゆいクレイジー

夕方になるにつれて腫れは広がり、
今は、ひじと手首のちょうど真ん中くらいまで
腫れが拡大してきていますオドロキ





この後、腫れがどこまで広がっていくのか
黙って見守るしかないのかなあ・・・
がんばれカラダ!





ず~っと以前に、ミツバチとアシナガバチに刺されたことがあるけど
今回は何バチだったのだろう?
アレルギー体質なので注意しないと。  

Posted by やまち畑 at 19:55Comments(1)その他