2011年10月30日

いもほり 第1弾終了&第2弾予告

10月30日(日)はあいにく雨。
昨日の晴れてるうちに いもほりしてれば良かったなあ・・・
と後悔しながら
電話で参加予定の家族に「どうする~??」と意向を伺うと
やる気満々!!パーンチ だったので
我が家も どしゃぶりにならないことを祈りつつ
畑に車を走らせました。

畑に着く直前に 雨が強くなってきたので
だんだん本降りになるという天気予報だし
いもほりは中止かな??ガーン
と一瞬あきらめモードになりましたが、
その後、奇跡的に小雨になり、
いもほりを開始してしばらく経ったら
いつの間にか雨が止んでいたりで
結局、2時間くらい畑で過ごすことができました。
晴れ女がいたらしいニコニコ

大人5名、5才の子どもが3名、3才が1名、1才が1名
テキトーに畑の中や外に散らばって、





さつまいも掘り、さといもの葉っぱでままごと、
ナスの収穫(1個だけ・・・)、こまつなの間引き
黒豆のエダマメの収穫、ノビル&ヨモギ摘み
マクロビに関するトーク(私にはチンプンカンプン)



などをしながら それぞれに
なんとなく楽しい時間が過ぎて行きました。

うちの子の畑嫌いは相変わらずで・・・
朝から「いもほり楽しみ~、まだ行かないの~??」
とメチャクチャ楽しみにしていたくせに、
畑についたら10分くらいでいもほりには飽きたオドロキ
まあ、でも友達と仲良く遊びまわって
特に畑の外に出てからは
おおむねご機嫌だったので良かった良かった。


畑が終わってから、「カラオケに行かない??」
と神戸から参加のママさんから誘われたけど、
カラオケアレルギーのうちの奥さんが
モーレツに嫌がったためアセアセ、3時半過ぎに畑で解散となりました。

【11月3日(祝)のイモ掘り第2弾の予告】今日よりも2~3家族くらい増える予定で、
小学生も来てくれそう♪
以下の時間割でやりたいと思います。

10時半頃~ 畑でいもほり、ままごとなど開始
12時頃~ 畑周辺でお弁当(各自持参)
13時頃  畑を出発
14時頃~ イーグレ姫路でイベント(野菜の市)などを見学
(途中出場、途中退場OK)

もしブログ見ていて来てみたい方あれば、
ご連絡くださいね。

山田(090-8059-3208)
  

Posted by やまち畑 at 23:02Comments(0)活動の様子

2011年10月30日

イモリがいっぱい

稲刈り中盤戦。
食欲の秋を迎えているシカさんたちに
収穫間際のお米を食べられてしまう前に、
なんとしても29日の土曜までに一気に刈り終わるぞ、
ってことで、こばふぁーむの田んぼをぐるぐると
コンバインが駆け回りました。

自分も最後の最後で おそるおそる
運転の練習させてもらいました。

田んぼの四隅は、
コンバインで刈るのが難しいため
人が鎌を持って地道に刈ります。

まあ、四隅くらい手作業で頑張ればいいじゃないか、
と以前は思ってましたが
実際に毎日やってみると結構時間がかかるし大変です。

何しろ、田んぼの数が大小合わせて20枚くらいあるので
それぞれの田んぼで隅っこの数がつあるとすると
全部の田んぼ合わせて80か所くらいになります。

隅っこ1つは、だいたい畳1.5~2枚分くらいの面積があるので・・・
鎌で刈る面積は、全部の田んぼを合計すると
畳120~160枚分!!!


まあ、でも鎌で刈っていると
足元のいろんな生き物の顔が見れて
機械にひたすら乗って「早く、正確に」と
意識を集中しているときよりも
ずっと楽しい時間が過ごせるような気もする(やせ我慢かも??)


今日は稲株の中から
イモリが何匹も姿を現しました。



鎌で稲株を刈るのと同時に
イモリのカラダを切ってしまうのではないかと
ヒヤヒヤものでしたが、
幸い、1匹のイモリの足の先っぽを 
ほんの少し切ってしまっただけで
すみました。。。。ごめんね、イモリ。。。



でも、帰ってからインターネットで調べてみたら
イモリのカラダには すごい再生能力が
あるらしいです。

目玉をとっても目玉が再生し、
心臓をとっても心臓が再生するのだとか・・・
ほんとかな~?? 
かわいそうだから実際に試すのはやめよう。。。

稲を刈った後の田んぼの地面を見ながら
一歩足を踏み出せば、
たくさんのクモがザワザワっと一斉に
動きまわったりしてました。

寒~い冬の間、
彼らはどうやって過ごすのでしょうね。

  

Posted by やまち畑 at 22:05Comments(0)田んぼ

2011年10月25日

大吉♪♪

今日は雨が上がったばかりだったので
稲刈りはやらずに
畑で大根やニンジンの間引きや草引きをするなど
まったりと過ごしました。

それが幸いしたのか・・・・

昼休み中に、見知らぬ男性が訪ねてきて
「納屋にムシロがたくさんあるから
もらってくれないか」
と唐突に話を持ちかけてきて・・・

よくよく話を聞いてみると、
その男性はすぐ近所の家の人みたいで
家を取り壊すか何かするので
納屋の荷物を一掃したいらしい。

何か掘り出し物の予感・・・

実は私、よその人の家の納屋とか見るの大好きハート

とりあえず、ムシロもほしいし、
急ぎの作業もなかったので
のぞきに行ってみることになり・・・

で、行ってみるとムシロの他にも、
クワやカマ、ブルーシートなど
畑仕事に使えるものがいろいろ目について、
「これももらっていいですか?」と聞いたら
「いいよ」という答えが。
ラッキー!!

でも幸運はそれだけにとどまらなかった・・・

なんと・・・・
裏口をキョロキョロしてみたら
無造作にゴロンと横たわっていたのは
前々からどうにかして入手したいと思っていた
石臼!!オドロキ オドロキ オドロキ




「これももらっていいですか?」
「いいよ」
ラッキー!!


もちつき用の臼を買おうかどうしようかと
昨晩もネットオークションなどで
探しまわっていたところだったので
これは本当にうれしい!
まともに買ったら高いんだよね~

年末は この臼で
こばふぁーむの極上もち米をついて
ささやかな収穫祭をしたいと思ってます。

「姫路・森のようちえん」にちょっとだけ関心ある
という方も どうぞ都合が合えばお越しください音符

詳細はまた後日、このブログか何かでお知らせ
できるかなぁ?

  

Posted by やまち畑 at 22:03Comments(1)

2011年10月21日

10月22日(土)のいもほり延期

明日は100%雨みたいなので、
予定していたイモ掘りは延期にします。

霜が降りる前に掘らないといけないので
11月初めくらいまでには
全部掘り出そうと思ってます。

また参加希望の方と日程調整しつつ
天気予報をにらみつつ
できそうなときにやりましょう~グー
  

Posted by やまち畑 at 22:00Comments(0)活動予定・お知らせ

2011年10月11日

秋の畑

夏に比べて雑草が伸びるペースが 
ものすごくゆっくりになりました。

カブは虫たちにとってもおいしいらしく
去年に引き続き発芽直後に全滅させられたりしていますが・・・
こぼれたタネから勝手に発芽したカブが
なぜか平気でグングン大きくなりました。



ハクサイの方も虫にかじられやすいので心配ですが、
去年タネまきして、春に花咲いて、夏にタネが落ちて
いつの間にかナスの隣で勝手に大きくなったハクサイが
結球一番乗りになりそうです。
1年以上の間、肥料を全然投入していない畑ですが
適当な時期に発芽すれば ちゃんと結球するらしい・・・
来年に向けて いい教材になりました。



倉庫の片隅に生えて、びっくりするほど元気な
ハクサイもいます。



今年の夏に作ったトウモロコシのタネが
知らない間に畑に落ちていたらしく、
けっこう大きくなっています。
冬が来る前にまた収穫できるんだろうか?
  

Posted by やまち畑 at 22:32Comments(1)

2011年10月10日

稲刈り体験しました@こばふぁーむ

10月9日(日)、姫路・森のようちえんの
兵庫県子育て元気アップ活動の一環として
稲刈り体験@こばふぁーむ に家族4組(大人10、子ども7)で
参加してきました。

姫路・森のようちえんからの家族4組と
こばふぁーむのお客さんたちの親子が40人くらい入り混じって、
普段静かな田んぼが とてもにぎやかになりました。

鎌を持って、予想以上にハイペースで稲を刈ったり運んだりする子どもたち。
誰かに命令されたわけでもないのに よく働くなあ・・・

我が家の5才の娘も初めのうちだけは結構楽しそうに刈りましたが
相変わらず畑仕事は嫌いみたいでタラーッ
しばらくするとすぐにバッタやカマキリ探しに熱中し
それも一段落すると、畑の土でお団子作って花で飾ったり、
小学生のお姉ちゃんたちに混じって
刈り終わったばかりの田んぼで鬼ごっこダッシュ
に入れてもらったりして
結構楽しそうに遊んでました。よかった よかったOK

稲刈りの後は、今回も自然栽培の純白おにぎりを
いただきました。

山の奥のかつらぎ自然学校で食べようと思って
用意して行ったお弁当も
待ち切れずに 田んぼの脇で広げて食べることに。

そのあと、かつらぎ自然学校で
子どもたちが ドタバタと部屋から部屋へ
走り回って遊んでいる間溜め息
部屋の大掃除プランを相談し、
ゆたりんで ゆっくり温泉に入って解散となりました。

「姫路・森のようちえん」次回活動予定
日時:10月22日(土曜日) 13時30分~15時頃
内容:イモ掘り、野菜の種まき・収穫など
場所:姫路市林田町六九谷64(こばふぁーむ)の近くの小さな畑
参加者:家族2~4組くらい(?)でやろうと思います。

1才児~小学4年の子どもたち4人は
畑の隅で 泥団子作りや虫探しなど
することになるかなぁ・・・
うちの子どもが畑作業にあまり興味がないので・・・タラーッ

もしブログ見て参加したい方がありましたら
山田(090-8059-3208)までご連絡くださいね。








  

Posted by やまち畑 at 12:48Comments(0)活動の様子

2011年10月04日

不耕起+自家採取=楽しい!


不耕起栽培を初めて1年2カ月ほど経った我が身を
ちょっと ふりかえります。

肥料も、農薬も、トラクタも使わない(不耕起栽培の)自然農に
チャレンジしようかな? と思っていたとき・・・
「肥料なしで野菜なんか作れるわけがない」
「収穫量が少なくて農家として食っていけない」
という考えが 自分の頭の中から勝手に浮かんできました。クレイジー


自然農に魅力を感じる反面、
考えれば考えるほど、自分でも 
肥料なしで野菜が育つのかどうか
確信が持てなくなってきました。

でも、実際に 世の中を見渡してみれば、
自然農で「食っていけている」人が
少数なりとも存在しているし、
「自然農なんかやめとけ」と言う人たちは 
おそらく自分では不耕起の自然農に
本気でチャレンジした経験を 持っていないだろうし、
「食っていける」とか「食っていけない」といった感じ方は
主観的なもので、かなりの個人差があるだろうし・・・・

などと 2ヶ月間くらいは足踏み状態で思案していましたが、

だんだんに決心が固まってきて、

自然農のスタイルが自分自身に合うかどうか
そして「食っていける」と実感できるようになるかどうか
答えが知りたければ 実際に体を動かして確かめるしかない、

という感じで 去年の7月に 
生まれて初めてキュウリのタネをまき・・・
秋には「野菜のタネとり」も初経験。

それから あっという間に1年2か月が過ぎて・・・
1年2カ月 どうにかやってみての感想と言えば・・・

とにかく楽しい!

草刈り機は使ってますが、
トラクタとか、管理機の出番は ほぼなし。

機械の音と振動と排気ガスの疲れは結構しんどいですが
クワで草を削ったり、畝を立てたりする疲れは心地よく、
自分の自信にもなっていくことを実感してます。

自然農のよいところは、機械使用にかかる経費も
タネや肥料を買う経費が
ほとんどゼロOK

自分がクワ持って 体さえ動かせば、
大地から野菜がわいてくる・・・
自分で採ったタネや 自分で耕してできたウネには
妙に愛着がわいてくる・・・

「農家の所得アップのために最善な農法」とか
「できるだけ安く、たくさん野菜を作れる農法」とか
難しいこと考えなくても、
自然農を3年、5年、10年と続けて行くうちに、
「楽しくやってたら、いつのまにか
家族もそこそこ食っていける農家になっちゃった~」
晴れ
みたいなゴールを目指してみたい。

そういう農民の数が増えて行ったら
自然と農業振興になりそうな双葉

  

Posted by やまち畑 at 20:25Comments(1)

2011年10月01日

さつまいも収穫

ついに来ました、収穫の秋

こばふぁーむの近くで借りている自分専用の家庭菜園では・・・

夏の間、ナスとオクラだけは 
どうにか十分な量を確保できましたが
トマト、ピーマン、ししとうが失敗で、
これらの野菜が全く収穫できませんでした叫び

そのほかには、キュウリがぼちぼちとれたり、
カボチャがわずかにとれたりしましたが、
十分な量ではなく、家族にひもじい思いをさせてしまって・・・なき

そんな私に、とうとう名誉挽回の季節到来か??

今年の7月初めに植えたサツマイモを
試しに掘ってみたら・・・



う~ん、食べられるけど まだちょっと小さめ。
でもイモの数は多いし、10月末くらいまで育てて太ってくることを期待ピカピカ

その隣も掘ってみると・・・
紫の苗を植えたと思っていたのに
なぜか紫ではない芋が出てきて
それが意外に大きくて 
数もたくさんついてました。拍手




これには、偵察に来ていた近所の研究熱心なおっちゃんも驚いた様子。
「肥料やらんでも こんなイモ出来るんやなあ!」

ダイズの方も ウチの畑の方がサヤがたくさんついていたようで、
「来年はワシもダイズには肥料やらんようにしよう」
と言ってました。

おっちゃんには毎度ダメだしばかりされていたので
イモとマメだけでも いいとこ見せれてよかった赤面

冬こそは家族の食卓を潤すべく、
ダイコンやニンジンのタネも
せっせとまきました。


  

Posted by やまち畑 at 22:27Comments(0)