2011年11月22日

明日は雨かな~

明日は雨かな~、と思いつつ、
畑の近くに行く用事ができたので
一応、畑でやきいもと味噌汁を
作る準備をしてから寝ます。  

Posted by やまち畑 at 22:11Comments(0)

2011年11月17日

かなりテキトーです

「うちは自然農です」とか周りに言っていると
食生活なんかきちんとしていて
100点満点の理想的なライフスタイルを追い求めている
みたいに見られるんだろうな・・・
と、ふと思ったりします。


自分自身も、なぜかしら「自然農」というと
「相当な人格者以外には実行不能」みたいな
堅苦しいイメージを持っていたので
性格的にテキトーでスキだらけの自分にはちょっと
敷居が高いなあと感じて、最初のうちは
気分的に固まってしまっていました。


(なにしろ、我が家では農薬のかかった野菜や果物を
 買って食べても 大して気にしないし、
 ファーストフード店やスーパーでコーヒーも買うし、
 コンビニの菓子パンや、お菓子やアイスは大好きだし)


でも 肥料なしでも野菜が育つ姿を見てみたいし、
それがとても売っているものよりも数段おいしいと言うなら食べてみたいし
やってみたい気持ちも相当に強かったので 
あきらめずに自然農やってる方たちに会いに行ってみると、

実際には肩の凝らない自然体で
気楽に自然農に取り組んでいる方も
案外たくさんいることが分かって、
タネの蒔き方の実演などを見せてもらいながら、
もしかしてこれは、テキトーな自分には一番向いているやり方かも
とさえ思い始め一気に引き込まれました。



それで、自分で実際に無施肥・無農薬で野菜を育ててみると
作り手が100点満点の人物であるか、それとも
20点くらいの人物であるか、なんてことは
野菜たちにとっては全く関係ないことで、


タネが ちょうど良い時期に
ちょうど良い深さで土に埋まって
ちょうど良いタイミングで雨が降って
途中で雑草に邪魔されなければ
野菜は勝手に育つみたいだ・・・


そんなふうに畑を眺められるようになってきました。


考えてみれば全く当然のことなんですけど
未経験だと難しく考えすぎてしまうんですねぇ・・・


まあ、今年、大失敗に終わった作物も、
思った以上に成功した作物も
いろいろありますが、
野菜が勝手に育つ条件を 手間をかけすぎず
なるべくテキトーに整えられるようになるまで
いろいろ工夫を重ねよう。
  

Posted by やまち畑 at 21:15Comments(2)

2011年11月16日

新たな出会い

11月7日と15日に
学びの農インストラクターステップアップ講習会というのに
参加したところ、神戸周辺や兵庫県各地で
食育や里山活動している人と
たくさん出会うことができました。

すでに規模の大きい活動をしている方も
さらなる学びと交流を求めて参加していました。

参加者どうしで 情報交換、名刺交換していると
一口に「学びの農」と言っても、ジャンルはホントに様々だな、と
改めて感じました。

なるべく早い時期に今回知り合えた方々のフィールドを
一家で訪ねて行きたいと思いました。


このような素晴らしい出会いの場になるよう
講習会を進めてくれた まーちん先生に感謝です!!


それにしても、訪ねてみたい場所が一気に増えて、
自分の畑の方も冬の前にやりたいことがあるし、
週末が足りないな・・・


それから、「学びの農」のインストラクター養成の方の講師をしている
ポッキー先生からビックリな情報が・・・


なんと、来年の「森のようちえん全国交流フォーラム」の開催地は
兵庫県に決定しているのだそうです。


来年4月からは農業も子育ても自分流に時間配分できるので
自分にとってはとてもいいタイミングで
兵庫が開催地になったような気がします。

兵庫県全体が刺激を受けて、「森のようちえん」への関心も
だんだん高まるだろうし、これを機に自分も仲間作りをどんどん進めようと
気持ちも一気に盛り上がってます!


来年度の準備、準備とか言っているうちに
あっという間に冬が過ぎて春を迎えるんだろうな。
  

Posted by やまち畑 at 22:41Comments(0)その他

2011年11月13日

学びの農インストラクター ステップアップ講習会

11月7日は、田畑を離れて
久々に教室の中で講義を聞いたり
参加者同士で体験農業などへの思いを
伝え合ったりする、
「学びの農」インストラクターステップアップ講習会
に参加しました。


今回 この講習会に参加しようと思ったのは
講義の内容が楽しみ・・・という以上に、
参加者どうしのヨコのつながりを作ろう
という講習会の趣旨が
なんか今の自分に良さそうだったから。


2日間の講習会でメインの講師を務めるのは生サポの まーちん。
「はらっぱミュージアム」などで幼児、小学生、
ママさんたちに絶大な人気を誇っています。

まーちんは見た目も中身も案外フツーの男の人なのですが、
うちの娘は まーちんと初めて会った時、
約10秒ほどで心をつかまれてしまいました。
なんか、見えない力を持っているのでしょうね・・・


大人ばかりを相手に、どんな講習会になるのか、興味深々。


まーちんの持ち時間は約3時間半ほどでしたが、
長すぎる感じは全然せず、
まーちんが準備していた自己紹介カードなどを
きっかけに初対面の参加者どうし、
時間の経過とともに大いに会話が弾んでいきました。


会話が弾みすぎて、講習中にあちこちで名刺交換が始まって
次の話題に進みたいまーちんが止めに入る場面も・・・

相手を傷つけないストップのかけ方も 参考に見ておこう♪


自分としては、似たような思いで参加している人と
話して刺激を受けたり、
自分の活動を今一度見直したり、
他人に伝わりやすいように自分の考えを
分かりやすくまとめたりできる、
良い機会になったと思います。


活動地域もそれぞれに遠いので 
一緒に力を合わせて何かするというのは
現実問題としては難しいところもありますが、
人の縁が、また意外なところでつながってくるかも、
といった楽しみも増えました。



第2回目の講習会は11月15日。
それまでに、やっておかないといけない
まーちんから出された宿題がありまして、
それが案外ヘビーです。

  

Posted by やまち畑 at 23:53Comments(0)その他

2011年11月05日

いもほり&焼き芋


11月3日

うちの家族含めて4家族

のんびり ほわ~んとイモ掘り&焼き芋をして

楽しみました。


畑にかけつけてくれた顔ぶれは、
ブログを見て 連絡をくれた初参加の親子(パパ&小4&小1)
自然農に魅せられて 2カ月前くらいから通って来てくれている親子(ママ&5才)
1年ぶりに連絡のとれたファミリー(パパ&ママ&1才)
そして我が家(パパ&ママ&5才&1才)


まずは みんな揃ってイモ掘り


のつもりでしたが、
予想通り 5才のままごと大好きな2人が
さっそく畑の外に飛び出して
泥と花で なにやら作り始めます。



できたものを見せてもらうと
意外と すごい作品が・・・






焼き芋が 始まると 
枯れた竹や草などを
火に入れるのを面白がって、
子どもたちが だんだん近寄って来ました。



イモはちょうどよい具合に焼けてて
おいしかったです。



焼き芋が済んだら
また畑の外で 
泥まみれの「ノビルそば」 や 「コスモスのケーキ」
みたいなものを作って 盛り上がる2人。
これまた なかなかの作品です。





こちらの親子も 
なんだか 良い感じの ワンシーン。




朝からちょっと イモを洗うのに
バタバタして大変だったけど、
やっっぱり 焼き芋を
準備しておいてよかったです。


また みんなが畑に遊びに来れる機会を
作りますね。
  

Posted by やまち畑 at 19:20Comments(0)活動の様子