2015年06月13日

12家族で小さな田んぼに田植えしました

本日は、暑い中の田植え、お疲れさまでした~

水も入っていないし、雑草も生えているしで
どこから見ても畑にしか見えない うちの田んぼ。

乾いた田んぼに 乾いた苗床で育った稲の苗を
一本ずつ植えて行く 原始的な農を 
とにもかくにも 体験してもらおうと
米作り歴 たかだか2年目の僕の
かなり無謀な企画に お付き合いいただき
ありがとうございました!


以下 ひとり反省会・・・

主催者(我が家)の到着が開始直前となって
準備がいろいろ間に合わなくて こちらはバタバタ
参加者は間延び・・・ といったスタートになってしまうなど、

これまで2~5組くらいで小さく活動している間は
あまり気にならなかったことも、
人数が増えるにつれて 
事前準備って大事だなぁと改めて思います。

ほかにも、

初めて訪れる方が道に迷ってしまったり、

水遊び中に ヒルやアリにとりつかれて泣く子がいたり、

羽釜でご飯を炊こうにも たき火がなかなか燃えなかったり

参加人数が思った以上に多くなってきて
タープテントの下に入りきれなかったり、

長靴が水に流されて行方不明になったり

いろいろありましたが、

田植えの指揮をとってくれたお父さん、
子供たちと一緒に水遊びを存分に楽しんでくれたお父さん、お母さん
羽釜の火の番の担当にいつの間にかなってくれたお父さん、
おにぎりを作ってくれたり、テントや道具の撤収を
着々と進めてくれたお母さん
写真をとってくれたお母さん


いろいろな形の協力のおかげで 
無事に一日 楽しく過ごせました。
(あれ?自分は何してたんだろう??)


このあと稲がどんな風に育っていくのか、
近くを通りかかったときは、
ぜひ網のそばまで寄って
田んぼの様子をじっくり観察してみてくださいね。


農薬も肥料もトラクタも田植え機もコンバインも乾燥機も
使わない珍しい田んぼで ちゃんとお米がとれるまでの
途中経過も できれば見てほしいと思うものの、
7月の田んぼは 暑くて小さい子には酷かなぁ・・・

次回の活動内容、ちょっと考えてから
またブログにてお知らせしま~す。  

Posted by やまち畑 at 23:04Comments(0)活動の様子

2015年06月08日

親子で田植え、参加者募集

6月13日の田植えのご案内です。

日時 : 6月13日(土)  10時~13時半頃まで
      (雨天の場合は中止)
      *中止の際は、当日の朝7時~7時半頃までに
        申し込み頂いた方に電話で連絡させていただきます。

場所 : 姫路市林田町下伊勢の畑(地図参照)

対象 : 親子(幼児~小学生くらいまで)

内容 : ①田植え & お米の種モミ直播き
       もち米 と うるち米を半分くらいずつ育てます。
      ②田植え前に収穫したばかりの
        「もち麦」をお米に混ぜて炊いて味見。
      ③田植え後は、田んぼに水を入れて遊びましょう。

服装 : 野外での活動です。
      つばの広い帽子
      薄手の長そで、長ズボン、長靴
     
持ち物: 白米(参加者一人につき1合)、飲み物、おかず、
      炊きたて「もち麦入りごはん」を入れる器、
      はし、タオル、着替え、予備の履物、レジャーシート
           
参加費: 親子(大人1名、子ども1名)で1000円、
      2歳以上の家族が1名増える毎にプラス400円
      (材料費、イベント保険代含む)
      
     *ひめじ森の大きな木の会員の方は、
      年間の傷害保険に加入しているため
      参加者1名につき100円ずつ割引させていただきます。
      親子2名の場合→通常1000円 、 会員 800円
      親子3名の場合→通常1400円 、 会員1100円
      
申込み: 前日までに 参加者の人数とお名前を
      山田(090-8059-3208)までご連絡ください。


【6月の見どころ・・・】
・昨年10月の稲刈り後の田んぼで育てた 
もち麦ソラマメ
収穫が終わり、いよいよ田んぼに水が入ります。
田んぼの畦では、5月末に播いた大豆が芽を出していたり、
畑では、5月に植えたキュウリやトマトの苗が
伸び始めています。


畑の場所 ↓ 稲葉マシナリーさんの裏(川沿い)です。   





  

Posted by やまち畑 at 17:52Comments(0)活動予定・お知らせ